転職を考えるなら離島での適性を考えよう

home

魅力満載の離島で働こう

離島で働く魅力離島での転職経験を持つ管理人が離島で働く看護師の魅力について紹介します。離島で働くことに興味を持っている方はぜひ参考にしてみてください。お問い合わせ先:こちら

Category

離島で働くには適性も大事

離島で働くためにはやはり離島で働く適性や離島で生活する適性をある程度持っていた方が良いです。離島暮らしに向いているのかどうか、向き不向きに関して紹介しています。

離島で働くには適性も大事

離島暮らしに適性のある人

離島暮らしに適性のある人は結論からいえば、大雑把で細かいことが気にならないという人といえます。基本的に離島での生活はゆったりとした時間が流れているイメージです。スローライフなのでそこで暮らしている人たちも大雑把な人が多いです。もちろん全員がそうではありませんが、多くの人が細かいことを気にしてはなかなか生活がスムーズにいかないので細かいところまで考えている人は少ないです。
例えば都会であれば移動手段の多くは電車などになっていますが、電車は時間が決まっていますし乗り換えも考えると細かいところまで考えて動く必要があります。離島での生活は車や自転車、徒歩での移動が主となっていますので、自分が急ぐことで調整が可能なので細かいところまで考える必要はありません。こうした大雑把な計算でもどうにでもなるため、基本的に大雑把に考えられる人の方が離島暮らしの適性があるといえます。
そして人間関係についても都会と違って離島暮らしの人たちとはかなり違いがあります。離島暮らしの人たちは近所であれば特に付き合いが濃くなりますので、自分がいない間に近所の人が訪問しているということが珍しくありません。そのため一人でゆっくりしたいと考えている人にとっては、いちいち訪問があることをストレスに感じてしまうこともあるので、誰がきても軽く流せる人やあまり人見知りをしないというタイプが向いています。

離島暮らしに不向きなタイプ

離島暮らしは都会と比べると不完全なものを自分で補っていくことが求められます。例えば食事に関しても田舎では出来合いのものを購入できる機会は都会に比べると圧倒的に少ないです。そのため食材から料理をする必要があります。こうした点から自分では何もできないという人は離島暮らしに不向きなタイプといえます。
近所付き合いが濃いという特徴もあるため、近所の人が余った食事を持ってきてくれることなどもありますが、いつまでも近所の人に頼っているということはできません。そのため自立する覚悟がなければ離島暮らしを続けることは難しいです。そして車が運転できないという人は移動手段にかなり苦労することになるため、車を運転できない人も離島暮らしには不向きなタイプといえます。

離島で働きたい方におすすめ!