看護師が離島へ転職するデメリット

home

魅力満載の離島で働こう

離島で働く魅力離島での転職経験を持つ管理人が離島で働く看護師の魅力について紹介します。離島で働くことに興味を持っている方はぜひ参考にしてみてください。お問い合わせ先:こちら

Category

離島で働くさまざまなデメリット

離島で働くことは島民全体から仕事以外の部分でも支えられて働けるといったメリットもあり、特に短期間で契約をして働くには人気の高い場所です。しかし、離島ということもあり医療技術や医療機器も限られた中で医療を行う必要もあります。離島で働くデメリットについて紹介しています。

離島で働くさまざまなデメリット

離島で働くデメリット

離島の病院や診療所では幅広い年齢の人々が受診するため、看護師の経験が少ない人にとっては難しいと感じてしまうことがあります。また急性期や慢性期などの様々な疾患や症状を持つ患者さんが来院するため、知識と対応力も幅広いスキルが求められます。
そして働く場所が離島ということもあり、本土とはまるで違う環境になることが多いです。そのため生活環境が急激に変化してしまい、最初は身体がなかなか慣れないこともあります。特にこれまで都会で働くことに慣れている人にとっては生活に不便さを感じることや、住民の方言を理解することが難しくストレスを感じやすいというデメリットがあります。
離島では限られた医療技術と医療機器の中で対応をしなければなりません。そのため都会の大きな病院などの先端医療と比べるとどうしても医療環境が整っていないことがほとんどです。そのため看護師としてのスキルアップという点でも難しいといえます。また、離島での経験はあまり評価されづらいので、転職などを考えたときにも離島での看護師としての経歴はデメリットにもなりえます。

働くハードル

離島の診療所は人手が足りていないことが多いため、応援ナースとして短期間でも働く人材を求めていることが多いです。中には派遣会社に依頼するという選択肢しか持っていないような病院や診療所もあります。そのため離島で働く看護師は即戦力として働くことが求められています。実際に求人を見てみるとわかりますが、看護師の離島からの求人は経験年数が記載されていたり、一般的な応募資格よりも少しハードルが上がっていることがあります。
そして離島では人口が少ないことから患者さんも少ないため仕事量は少ないように感じるかもしれません。外来で患者さんが並ぶということは珍しいですが、実際には往診の業務が入ってくることもあります。島民の家に赴いて仕事をするため移動時間で仕事をする時間がそもそも少ないということもあります。こうした面はデメリットにもなりますが、患者さんとの距離が近いので親密な看護を実践しやすいというメリットとも考えられます。

離島で働きたい方におすすめ!