看護師が離島へ転職するメリット

home

魅力満載の離島で働こう

離島で働く魅力離島での転職経験を持つ管理人が離島で働く看護師の魅力について紹介します。離島で働くことに興味を持っている方はぜひ参考にしてみてください。お問い合わせ先:こちら

Category

離島で働くさまざまなメリット

日本には数多くの離島が存在していますが、離島でも必要不可欠な医療を支えているのは離島で働く医師や看護師です。離島で働く看護師の病院での役割は特別本土で働いている看護師とは変わりませんが、医療技術や医療機器などはやはり本土と比べると限られた中で対応することになります。こうした面がある中で離島で働くメリットについて紹介します。

離島で働くさまざまなメリット

親密な看護を実践しやすい

離島で働く看護師は数も少ないため本土よりもさらに人手不足であることが多いです。しかし離島で暮らす人たちはみんなが顔見知りであることが多く、近所の中には家族のように仲が良い関係になっていることもあります。看護という仕事でもその特徴があり、親しみの持てる看護を実践しやすいということが一つのメリットといえます。
そして離島では救急対応をしている病院は少なく、残業が少ないという特徴があります。都会ではバタバタと働くことが多い看護師ですが、離島では残業が少ないという点で常に時間に追われながら仕事をするということも少ないです。その分患者さん1人1人に対してしっかりと看護ができることにつながります。

応援ナースのメリット

看護師は人手が足りていない病院に数ヶ月から半年単位の契約で働くことができます。こうした短期間で人手不足の病院をヘルプするような看護師を応援ナースといいます。この応援ナースは特に離島での人手不足が起きやすい場所での活躍が期待されています。
そして応援ナースは給料が高いという点が大きなメリットとなります。月々の平均給与が45万円から50万円程度となるので、短期間でお金を貯めたいと考えている人や、大きな買い物をしたいと考えている際には向いている働き方といえます。また人間関係で悩みやすいのが看護師ですが、短期間で契約が終わりますので人付き合いで悩むことも比較的少ないです。
そして応援ナースは離島で働くことで一度働いてみたかった場所などで働く良い機会になります。応援ナースの中でも離島への応援ナースは特に人気となっています。自分が住んでみたいと思っているところや、一度行ってみたかった場所などに行き、働きながら憧れの場所で生活することができます。
そして契約している期間が終わっても、その土地が気に入ってこのまま働き続けたいと思うのであればそのまま病院で働くことができることもあります。自分が働きたい場所を見つける良い機会にもなります。もちろん住み続けるわけではありませんので、契約が終わって長期休暇を取ってゆっくりすることもできます。

離島で働きたい方におすすめ!