離島で働く注意点

home

魅力満載の離島で働こう

離島で働く魅力離島での転職経験を持つ管理人が離島で働く看護師の魅力について紹介します。離島で働くことに興味を持っている方はぜひ参考にしてみてください。お問い合わせ先:こちら

Category

看護師が離島で働く上での注意点

離島の病院の看護師として働く悩みとしては離島も本土でも関係なく存在します。看護師だけではなく医師や患者さんにとっても安心して治療を受けられる場所はどこにでも必要とされています。そんな離島で看護師として働く際に注意しておきたい点について紹介します。

看護師が離島で働く上での注意点

離島の医療処置を理解する

離島で働くことは都会の病院と比べて、医療技術や医療機器が十分ではないところで働くことがほとんどです。そのためヘルプから来た看護師は最先端医療の中で働いてきた経験が通用せずに戸惑ってしまうことが多いです。離島の病院の看護師や医師と自分の経験と違うことを行うために、なにかとぶつかってしまう点もあるかもしれません。まずは離島での医療処置に関してよく理解するように努めましょう。

オールマイティなスキルが必要

離島の病院は都会の大きい病院のように細かく科が分かれているわけではありません。そのため外科や内科、小児科を受け持つことが十分あります。そのためオールマイティにどの科でも看ることができるスキルがあると非常に役に立ちます。逆にどれか一つに特化していて他はあまりできないというスキルは、離島に限って言えばあまり使い勝手が良いとはいえません。
また、地域によっては准看護師が多いところがあるので、緊急の対応と処置の面で弱い病院も多くあります。しかし離島とはいえ当たり前ですが緊急の事態が起こるときは起きます。その際にはリーダーシップを発揮して先頭に立ってみんなを引っ張る自信とスキルを持っているとよりベターです。

離島での寂しさ

都会の大きな病院には患者さんも多くいるため、その分看護師もとても多くいます。数が多いことで人間関係がややこしくなってしまったり、面倒な人間関係に巻き込まれるなどの面もあります。しかし、逆に看護師が1人や2人といった環境で働くこともかえって寂しさを感じてしまうものです。離島の病院では看護師が1人2人といった人数で回しているところも多くあります。
こうした寂しさを感じてしまうとホームシックになってしまうこともあるため、なるべく早く島の生活に慣れなくてはいけません。仕事だけをしようと、診療所に来る患者さんを相手にしているだけでは、島での生活に寂しさを感じてしまい徐々に仕事に対するやる気もそがれてしまう可能性があります。診療所に訪れる患者さん以外の人とも触れ合うことで、人と接する機会も増えて寂しさも徐々になくなってきます。

離島で働きたい方におすすめ!